初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

V.ロッシ:「失望感は大きい」

V.ロッシ:「失望感は大きい」

バレンティーノ・ロッシは、第11戦アメリカGPで4位。失望感を得て、ラグナセカを後にした。

バレンティーノ・ロッシは、第11戦アメリカGPで4位。失望感を得て、ラグナセカを後にした。

ポイントリーダー、ケーシー・ストーナーとのポイント差が47に広がったことよりも、優勝タイムよりも30秒以上も引き離されたことが、現状の問題であることを示したロッシは、後半戦からのミシュランの巻き返しに期待した。

「失望感は大きい。現在のタイヤの状況は、僕たちのライバルがまるで違うレースをしているかのようだ。特に昨日の転倒の後で、チームと一緒に僕は懸命に仕事を進め、僕たちのバイクをできる限り最高に持って行くために全力を尽くしたが、タイヤがグリップしないことには上位争いができない。」

「ベストを尽くした。ペドロサをパスしたが、メランドリにはどうすることもできなかった。リズムもグリップもなかった。」

「ザクセンリンクの転倒は悪い。ミシュランは反応し、重要なポイントを稼ぐ機会を失った。だから、今日は重要なレースだった。タイヤが今シーズンの重要な要因となっているようだ。ファンにとって、スペクタクロにとって残念だ。」

「降参はしない。まだ7戦が残っているし、ミシュランは後半戦に向けて、僕たちの状況を改善するために仕事を継続することは分かっているけど、ストーナーは強い。非常に手強い存在だ。これからバカンスに入り、シーズン最後まで闘うことができるように、ブルノに戻ってくるつもりだ。」

Tags:
MotoGP, 2007, RED BULL U.S. GRAND PRIX, Valentino Rossi

Other updates you may be interested in ›