初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

中上貴晶、日本人初の表彰台獲得

中上貴晶、日本人初の表彰台獲得

レッドブルMotoGPアカデミーは、CEVスペイン選手権第4戦バレンシア・ラウンドに参戦した。

レッドブルMotoGPアカデミーは、CEVスペイン選手権第4戦バレンシア・ラウンドに参戦した。

10日前に現地テストを実施し、準備を進めた2人のヤングライダー。中上貴晶は公式予選で自己ベストをマークして、グループBで2位。初の1列目4番グリッドを獲得すると、決勝レースでは終始3位をキープして、参戦9戦目(昨年終盤の2戦は負傷により欠場)で、日本人としては初の表彰台を獲得した。

今月8日に初参加したドイツ選手権でポール・トゥ・フィニッシュを決めたジョナス・フォルガーは、13番グリッドから好スタートで4番手にポジションアップ。しかし、残り4ラップに後続者と接触して転倒を喫した。その際に左手を骨折し、予定されていたドイツ選手権第6戦を欠場することとなった。

アカデミーに初めて加入したドイツ人ライダー、マルセル・シュレッターは28番グリッドから周回を重ねる毎に公式予選で記録したタイムを更新。初めての海外レースでポイント獲得圏内の15位でフィニッシュした。

Tags:
2007

Other updates you may be interested in ›