初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

インディアナポリス、コース改修に着手

インディアナポリス、コース改修に着手

2008年9月にインディアナポリスGP初開催が予定されているインディアナポリス・モーター・スピードウェイは30日、コース改修工事を開始した。

2008年9月にインディアナポリスGP初開催が予定されているインディアナポリス・モーター・スピードウェイは30日、コース改修工事を開始した。

NASCARネクステルカップシリーズ第20戦オールステイト200開催の翌日から、コース改修工事がスタート。来年5月の92回インディ500でのオープンを目指す。

サーキットの社長兼チーフオペレーティングのジョー・チトウッドは、「我々のモーターサイクルイベントは、2008年9月14日。5月にはインディ500のイベントがあり、5月中は現実的に工事ができません。目標はできる限り早く工事を進め、インディ500や他のイベントの準備に取り組みたいです」と説明した。

主な改修工事は、MotoGPのために4ターンを新たに設置するために、世界的に有名な1コーナーのオーバルをインサイドに移動。ISM殿堂博物館の後方に、高速S字コーナーを建設する。

工事建築部のディレクター、ケビン・フォーブスは、「10月末には大半な工事が終了すると思います。実際、レーストラックの舗装には天候が必要となり、その天候とは暖かい気温のことを意味します。我々は10月中には大まかな工事を終了する必要があり、2008年7月には、バイクがスピードを出してテストを実施できると思います」と、天候による工事の進展具合について説明した。

Tags:
MotoGP, 2007

Other updates you may be interested in ›