初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

M.メランドリ、決勝レースをキャンセル

M.メランドリ、決勝レースをキャンセル

マルコ・メランドリは、体調不良のため、第12戦チェコGPの決勝レースをキャンセルすることとなった。

マルコ・メランドリは、体調不良のため、第12戦チェコGPの決勝レースをキャンセルすることとなった。

前戦アメリカGPで左足首を骨折したイタリア人ライダーは、初日フリー走行1終了後に首と肩の痛みを訴え、左腕に力が入らないことから、クリニカ・モービルで治療とマッサージを受けていたが、走行するコンディションにないことから公式予選をキャンセルした。

メランドリは、「気分は良くない。この首の問題は正確に分からない。走る時に問題があり、ヘルメットをかぶるだけでなく、風の影響も受け、難しくしてしまう。腕の力がなく、走ることは不可能だ。ミサノで走りたいけど、そんな簡単なことではない」と語った。

クリニカ・モービルのクラウディオ・コスタ医師は、「マルコはフリー走行1のセッション中に首の痛みを感じ、左肩、左腕に力が入りませんでした。検査の結果、頚椎の椎間板が傷ついていることを発見しました」と説明した。

「走ることは難しいです。状況は重大であり、体調を良くしようと最善を尽くしました。ラグナセカの転倒がこの状況を招いたことは疑いありません。」

Tags:
MotoGP, 2007, CARDION AB GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, Marco Melandri

Other updates you may be interested in ›