初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

G.タルマクシ、シーズン4度目のP.P.奪取

G.タルマクシ、シーズン4度目のP.P.奪取

第12戦チェコGPの公式予選2は18日、ブルノで行われ、ガボール・タルマクシがトップタイムをマーク。ポールポジションを奪取した。

第12戦チェコGPの公式予選2は18日、ブルノで行われ、ガボール・タルマクシがトップタイムをマーク。ポールポジションを奪取した。

気温25度。路面温度33度のドライコンディションの中、暫定2位のハンガリー人ライダーは、2003年にルーチョ・チェッキネロが樹立した最速ラップ(2分07秒836)を更新する2分06秒861を叩き出し、2戦連続シーズン4度目のトップグリッドを獲得。チームメイトとタイトル争いを演じるエクトル・ファウベルは、0.541秒差の2番手。マティア・パシーニが3番手に入った。

初日6番手だった小山知良は、最後のタイムアタックでトップから1.294秒差の4番手に浮上。シーズン3度目の1列目を確保すれば、暫定ポールのルーカス・ペセック、ランディー・クルメンナッハ、セルジオ・ガデア、サンドロ・コルテセ、パブロ・ニエト、ポル・エスパルガロがトップ10入りした。

Tags:
125cc, 2007, CARDION AB GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, QP2

Other updates you may be interested in ›