初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.ロレンソ、7度目のポール・トゥ・ウイン達成

J.ロレンソ、7度目のポール・トゥ・ウイン達成

第12戦チェコGPの決勝レースは19日、ブルノで行われ、ホルヘ・ロレンソが優勝。シーズン7度目のポール・トゥ・ウインを決めた。

第12戦チェコGPの決勝レースは19日、ブルノで行われ、ホルヘ・ロレンソが優勝。シーズン7度目のポール・トゥ・ウインを決めた。

気温25度。路面温度32度のドライコンディションの中、トップグリッドのポイントリーダーは、3番グリッドのアンドレア・ドビツィオーソのプレッシャーを受けながらも、安定したラップを刻んで終盤に引き離し、最後な7秒以上のアドバンテージを得て、7勝目を飾った。

ミカ・カリオは2戦連続の表彰台を獲得。エクトル・バルベラ、アルバロ・バウティスタ、青山博一、トーマス・ルティ、フリアン・シモン、青山周平、ロベルト・ロカテリがトップ10入りした。

6番グリッドの高橋裕紀は、10位走行中の4ラップ目の1コーナーでマシントラブルに見舞われて転倒。リタイヤを喫すれば、4番グリッドのアレックス・デ・アンジェリスは3位争い中のラスト3ラップに転倒。レースに復帰して11位でゴール。ウォームアップ走行で転倒した関口太郎は、精密検査を受けるために、ブルノ市内の病院に入院した。

チャンピオンシップは、ロレンソがアンドレア・ドビツィオーソに30ポイント差、デ・アンジェリスに40ポイント差のアドバンテージを広げた。

Tags:
250cc, 2007, CARDION AB GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, RAC

Other updates you may be interested in ›