初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

関口太郎、転倒で病院に収容

関口太郎、転倒で病院に収容

関口太郎は、第12戦チェコGPのウォームアップ走行中に転倒。精密検査を受けるために、近郊の病院に運ばれた。

関口太郎は、第12戦チェコGPのウォームアップ走行中に転倒。精密検査を受けるために、近郊の病院に運ばれた。

マルコ・シモンセリの転倒により、砂埃で視界が遮られた関口は、コース上に横転したバイクを避けることができずに接触。路面に強く叩きつけられたことから、赤旗中断となり、サーキット内の病院に収容された。身体を強打し、呼吸が困難なことから、ブルノ市内の病院にヘリコプターで運ばれ、検査を受けることとなった。

Tags:
250cc, 2007, CARDION AB GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, Taro Sekiguchi

Other updates you may be interested in ›