初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

後半戦のスプリントに向けて、合同テスト実施

後半戦のスプリントに向けて、合同テスト実施

MotoGPは、第12戦チェコGP終了後の20日、ブルノで合同テストを実施する。

MotoGPは、第12戦チェコGP終了後の20日、ブルノで合同テストを実施する。

シーズン残り6戦に向け、体調不良のマルコ・メランドリ、左大腿骨骨折から復帰したばかりのトニ・エリアスの2人を除く、全MotoGPライダーたちと、岡田忠之と青木宣篤のテストライダーが参加する。

同グランプリで独走優勝したケーシー・ストーナーと来季スズキに移籍することを発表したばかりのロリス・カピロッシは、ブリヂストンのタイヤテストを中心にテストに取り組めば、3日間トラクション不足に悩んだバレンティーノ・ロッシは、ミシュランとの共同作業で改善策を模索する。

中野真矢は、今回から投入されたニューパーツをテストする好機会であり、懸案のチャタリング解消を目指せば、玉田誠はダンロップタイヤの開発テストに専念する。

250ccクラス勢もテストを実施。青山博一は、週末の課題であった旋回性の改善に取り組む予定。高橋裕紀は、転倒に強打した身体の調子を見ながら、チームの地元レースとなる次戦に向けての準備に取り掛かり、アルバロ・バウティスタとトーマス・ルティは、テストライダーであるアレックス・デボンが開発を続けるアプリリアの新型パーツを試す。

Tags:
MotoGP, 2007, CARDION AB GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY

Other updates you may be interested in ›