初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

デ・アンジェリス、モチベーション最高潮

デ・アンジェリス、モチベーション最高潮

アレックス・デ・アンジェリスは、地元で開催される今週末の第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPを前に、モチベーションが高まり、ベストリザルトを獲得することを宣言した。

アレックス・デ・アンジェリスは、地元で開催される今週末の第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPを前に、モチベーションが高まり、ベストリザルトを獲得することを宣言した。

チャンピオンシップで唯一のサンマリノ国籍を所有するリミニ出身のデ・アンジェリアスは、「ミサノまで行くことまでもがすごく楽しみ。僕の周りの人たちもグランプリに駆けつけてくれる。知り合いやファンに囲まれることで、特別なモチベーションとなるね。目標はマックス。勝つために僕はコースに出る!」と意気込みを語った。

「ブルノは失望だった。あのシーンは奇妙だった。僕は僕のラインで正確に入ったけど、カリオは僕を見ず、転んでしまった。多くのポイントを失ってしまい、実質タイトル争いからおいてかれてしまった。」

「初めて4位以下に終わってしまったのも残念。安定感はチャンピオンシップを争う上で非常に重要だ。前戦のことを忘れ、地元グランプリを楽しまないと。」

チャンピオンシップでサンマリノ国籍のライダーが参戦したのは、僅か4人:クラウディオ・トンニーニ、マヌエル・ポジアーリ、ウイリアム・デ・アンジェリス、アレックス・デ・アンジェリス。トンニーニだけが、地元グランプリ(1993年)に参戦した記録が残っている。

Tags:
250cc, 2007, GP CINZANO DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI

Other updates you may be interested in ›