Tickets purchase
VideoPass purchase

初セッションは雨の中でスタート

初セッションは雨の中でスタート

第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPのフリー走行1は31日、ミサノで行われ、マルコ・メランドリがトップタイムをマークした。

第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPのフリー走行1は31日、ミサノで行われ、マルコ・メランドリがトップタイムをマークした。

気温25度。路面温度19度。昨日から雨が降るウェットコンディションの中、市販車の600ccバイクで数ラップだけ走行した経験のある前戦欠場のメランドリは1分46秒948を記録すれば、21ラップを走ったバレンティーノ・ロッシは1.684秒差の2番手。ケーシー・ストーナー、ロリス・カピロッシが続き、地元イタリア勢と順応力が高いポイントリーダーが上位に進出した。

5番手にはコーリン・エドワーズが入り、ニッキー・ヘイデン、ランディ・ド・プニエ、ジョン・ホプキンス、アンソニー・ウエスト、アレックス・バロスが続き、トップ10にブリヂストン勢が7台を占めた。

日本勢は中野真矢が最多の22ラップを走って15番手。玉田誠は18番手だった。

トニ・エリアスは、路面コンディション不良を考慮して、セッションをキャンセルした。

Tags:
MotoGP, 2007, GP CINZANO DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, FP1

Other updates you may be interested in ›