初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

主役たちのコメント

主役たちのコメント

C.ストーナー(公式予選1位): 「今シーズンはポールポジションからスタートした全てのチャンスで勝っていないから、明日はどうなるか分からない。コースでの走行時間が少しだったから、誰も望むようなセッティングに仕上がっていない。明日に向けて、全てがいいようだけど、他のライダーたちの状況が分からないから、確信はない。」

C.ストーナー(公式予選1位):
「今シーズンはポールポジションからスタートした全てのチャンスで勝っていないから、明日はどうなるか分からない。コースでの走行時間が少しだったから、誰も望むようなセッティングに仕上がっていない。明日に向けて、全てがいいようだけど、他のライダーたちの状況が分からないから、確信はない。」

V.ロッシ(公式予選2位):
「1列目は非常に重要だ。雰囲気は全く信じられない。こんなに沢山のファンが来てくれ、僕は彼らのために全てを捧げなければいけない。コースが好きだ。閉じていないし、いいセクションもある。凹凸は大騒ぎするほどではない。走っていて楽しい。1列目に戻って来られて嬉しい。ミシュランの予選タイヤは良く走ったけど、ケーシーは僕よりも速かった。」

N.ヘイデン(公式予選3位):
「未知の舞台で走り、まだ幾つかのタイヤを試していない。セッションは良かったけど、1分34秒に到達するまでに苦労するから、リスクを冒さなければいけなかった。チャタリングがあるけど、タイヤは完璧に機能した。1列目はこのサーキットで非常に重要だ。スペクタクロなレースになることは間違いなし。僕もその一部になる必要がある。」

R.ドプニエ(公式予選4位):
「4位は悪くないけど、1列目に行けると思っていた。最終ラップ、3コーナーで小さなミスを犯し、10コーナーでも同じようなミスしてしまったから、2列目になってしまった。レースタイヤで速く走れた。」

D.ペドロサ(公式予選6位):
「2列目は悪くないけど、今回のセッションにもっと期待していた。完璧なセッティングもタイヤ選択も見つからなかったから、明日のウォームアップ走行がレースでチャンスを得るために重要になる。」

C.エドワーズ(公式予選9位):
「午前は悪くなかった。セッティングを変更し、上手く行った。簡単ではなかったけど、前進するように思え、いい感触があった。午後は機能せず、全く違っていた。思うように走れなかった。予選タイヤで1秒縮めたけど、十分ではなかった。」

中野真矢(公式予選14位):
「午前中は最悪の結果。ぜんぜんタイムが出ませんでした。午後はフィーリングが良くなりましたが、タイムタックでは気持ち良く走れませんでした。明日の朝のウォームアップでできる限りのことをします。」

玉田誠(公式予選16位):
「午前も午後もマシンのセッティングを変えずに、タイヤ選びを中心に取り組みました。明日の朝、レースタイヤを決め、レースではスタートを決め、少しでも前でゴールします。」

Tags:
MotoGP, 2007, GP CINZANO DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI

Other updates you may be interested in ›