初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.ロレンソ、シーズン8度目のポール・トゥ・ウイン

J.ロレンソ、シーズン8度目のポール・トゥ・ウイン

第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの決勝レースは2日、ミサノで行われ、ホルヘ・ロレンソがシーズン8度目のポール・トゥ・ウインを決めた。

第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの決勝レースは2日、ミサノで行われ、ホルヘ・ロレンソがシーズン8度目のポール・トゥ・ウインを決めた。

気温25度。路面温度38度のドライコンディションの中、地元出身のアンドレア・ドビツィオーソが2番グリッドからホールショットを奪取し、レースをリードが、ラスト9ラップ目にロレンソがトップを奪われ、ラスト8ラップにはマシントラブルのために失速。ロレンソが独走でシーズン8勝目。中量級でスペイン人最多の通算16勝目を飾った。

1列目4番グリッドからスタートした青山博一は、徐々にポジションを上げ、最後は2位でフィニッシュ。シーズン3度目の表彰台を獲得すれば、エクトル・バルベラはトーマス・ルティ、アレックス・デ・アンジェリスとの3位争いに競り勝った。

11番グリッドの青山周平は、ラスト2ラップにロベルト・ロカテリを抜いて6位。3位走行中に転倒を喫したアルバロ・バウティスタは、レースに復帰して8位フィニッシュ。高橋裕紀、フリアン・シモンがトップ10入りした。

チャンピオンシップは、ロレンソがドビツィオーソに55ポイント差のアドバンテージを広げた。

Tags:
250cc, 2007, GP CINZANO DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, RAC

Other updates you may be interested in ›