初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

WUP:C.バーミューレンがトップに浮上

WUP:C.バーミューレンがトップに浮上

第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPのウォームアップ走行は2日、ミサノで行われ、クリス・バーミューレンがトップタイムをマークした。

第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPのウォームアップ走行は2日、ミサノで行われ、クリス・バーミューレンがトップタイムをマークした。

気温23度。路面温度25度のドライコンディションの中、8番グリッドのオーストラリア人ライダーは公式予選で記録したタイムに迫る1分34秒880の一番時計を刻めば、ダニ・ペドロサ、ランディ・ド・プニエ、ジョン・ホプキンスが続いた。

ポールポジションのケーシー・ストーナーは5番手。1列目に並ぶバレンティーノ・ロッシとニッキー・ヘイデンが6番手と7番手。中野真矢は16番手。玉田誠は18番手だった。

250ccクラスは、ポールポジションのホルヘ・ロレンソがトップタイム。アンドレア・ドビツィオーソ、ミカ・カリオ、青山博一、マルコ・シモンセリが続き、青山周平と高橋裕紀は10番手と12番手だった。

125ccクラスは、5番グリッドのシモーネ・コルシが1番手。マティア・パシーニ、エクトル・ファウベル、エステベ・ラバット、ガボール・タルマクシが続き、小山知良は6番手。トップグリッドのルーカス・ペセックは9番手だった。

Tags:
MotoGP, 2007, GP CINZANO DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, WUP

Other updates you may be interested in ›