初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

メランドリ&エリアス、地元グランプリで好パフォーマンス

メランドリ&エリアス、地元グランプリで好パフォーマンス

ホンダ・グレシーニのマルコ・メランドリとトニ・エアリアスは、チームの地元レースとなった第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPで好パフォーマンスを披露した。

ホンダ・グレシーニのマルコ・メランドリとトニ・エアリアスは、チームの地元レースとなった第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPで好パフォーマンスを披露した。

前戦チェコGPは体調不良により欠場したメランドリは、金曜のフリー走行1で転倒。腰を強打したことが影響して、公式予選では12番手だったが、最後は4位でフィニッシュした。

「体調スターティンググリッドを考えれば、このリザルトを期待することはできなかった。朝のウォームアップ走行で幾つかセッティングを変更したけど、あまり効果がなく、レースに向けて、さらにセッティングを変更。それで、好パフォーマンスにつながった。土曜にミスを犯したことをチームに謝りたい。」

「チームはバイクのいい仕事をしてくれ、ブリヂストンはいいタイヤを投入してくれた。パッケージは良かったし、体調に問題があったが気分良く走れた。ウエスト、エドワーズ、カピロッシを抜いた。オーバーテイクの場所があまりないコースを楽しんだ。」

第9戦TTアッセンの左大腿骨骨折から、ようやく、松葉杖なしで歩行できるようになったエリアスは、初日はコースコンディションを考慮して、走行をキャンセル。決勝レースでは15番グリッドから、目標の11位(前戦チェコGP)以上を大きく上回る7位でゴールした。

「この結果に大満足。ウォームアップ走行で幾つかセッティングを変更して、リズムの面で大きな進歩を得ることができた。ここのコースは体力面の要求が厳しいから、すごく疲れた。レース後半は脚が痛かった。次のエストリルまでの2週間、ゆっくり休息して、リハビリを続けるつもりだ。」

Tags:
MotoGP, 2007, GP CINZANO DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, Marco Melandri

Other updates you may be interested in ›