初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

スズキ、2001年ぶりのW表彰台

スズキ、2001年ぶりのW表彰台

リズラ・スズキのクリス・バーミューレン&ジョン・ホプキンスの両雄は、第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPで2位&3位を獲得。2001年9月の第12戦バレンシアGP以来、99戦ぶりにダブル表彰台を獲得した。

リズラ・スズキのクリス・バーミューレン&ジョン・ホプキンスの両雄は、第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPで2位&3位を獲得。2001年9月の第12戦バレンシアGP以来、99戦ぶりにダブル表彰台を獲得した。

8番グリッドのバーミューレンは、朝のウォームアップ走行で一番時計を刻むと、スタートで3番手に浮上。6ラップ目には、チームメイトを抜き、シーズン4度目の表彰台を獲得した。

「ベリーハッピー。今年の初めに、リズラ・スズキの2人がシーズン終了前までに揃って表彰台に登ると言ったんだ。それが証明されて、すごく嬉しい。もちろん、ジョンの前でゴールできたことも。チームにとっても、グレートなリザルトだ。データがない状態で、スズキとブリヂストンは素晴らしい仕事をして、ファンタスティックなパッケージを提供してくれた。トムと僕のクルー、ブリヂストンのスタッフたちに感謝したい。」

5番グリッドのホプキンスは、後半戦2戦連続の表彰台を獲得。「リズラ・スズキの2人が表彰台に並んだことで、何と言っていいのか。悪い日ではなかったね!」

「グレートなスタートが切れた。それが重要だった。アクシデントを避けられたのもラッキーだった。ブリヂストンタイヤはスタートから機能し、バイクもいい感触があった。クリスとケーシーのペースはすごく速かったから、彼らについて行けなかった。チームとスズキにとって、このポジションを獲得できて嬉しい。エストリルが楽しみだ。」

Tags:
MotoGP, 2007, GP CINZANO DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI

Other updates you may be interested in ›