初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

N.ヘイデン、意欲的に134ラップを走行

N.ヘイデン、意欲的に134ラップを走行

ニッキー・ヘイデンは、第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGP後に行われた合同テストを意欲的に取り組み、決してモチベーションが低下していないことを示した。

ニッキー・ヘイデンは、第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGP後に行われた合同テストを意欲的に取り組み、決してモチベーションが低下していないことを示した。

3番グリッドから決勝レースを迎えたアメリカ人ライダーだったが、目の前で発生したオープニングラップのクラッシュを回避するためにコースアウト。最後尾に後退したが、決して諦めずにゴールを目指した。

翌日の合同テストでも、王者としての誇り、プロフェショナルな姿勢を見せ、合計134ラップ、5レース分の距離を走り込んだ。

「今回のテストに大満足。レースタイヤで1分34秒26を記録。すごくまともだ。」

「昨日はコースアウトして際にタイヤにダメージを受けたから、レースでは何も学ぶことができなかった。誰も欺きたくないし、ストーナーと同等に走ることができるとは言いたくないけど、今日はいいリズムで、すごく気分良く走れた。コースコンディションが改善したことも、助けとなった。」

「ミシュランと重要な仕事をした。彼らは懸命に努力しているけど、大きく進歩したと言うことはできない。チームは素晴らしい仕事をした。感謝したい。ポルトガルでは、今回得た情報を活かしたい。」

Tags:
MotoGP, 2007, GP CINZANO DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, Nicky Hayden

Other updates you may be interested in ›