初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ミシュラン、低迷からの脱出を模索

ミシュラン、低迷からの脱出を模索

ミシュランは、昨年までのようにシーズンを支配することができず、第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPでは、シーズン4度目となる表彰台なしの記録を作ってしまった。

ミシュランは、昨年までのようにシーズンを支配することができず、第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPでは、シーズン4度目となる表彰台なしの記録を作ってしまった。

レース部門のディレクター、ジャン‐フィリップ・ウェバーは、「我々は、我々と一緒になりたい多くのチームからのアイディアを開放的に待っています。今年に関しては大きく変更するとは思えませんが、もしかしたら、幾つのチームは供給先を変更するかもしれませんが、それほど多くはないでしょう」と、デリケートな状況であることを認めた。

「レース序盤に、ダニ・ペドロサとニッキー・ヘイデンに起こったことは残念です。その少し後には、バレンティーノ・ロッシに問題が発生しました。レースでは起こり得ることですが、我々にとっては時間との戦いでした。彼らが速く走ることができると確信していたからです。」

「進歩しなければいけないとことは当然で、我々にはやるべきことが沢山ありますが、先月のブルノ・テストで学んだことをベースにしたタイヤは、午前、午後のセッションで使用して、ポジティブなものでした。」

「ダニ、バレンティーノから、コースコンディションでの耐久性やパフォーマンスに関する重要なフィードバックや情報を得られなかったのは残念です。カルロス・チェカは好レースをしました。左コーナーでの感触が良くなれば、もっと良かったようです。」

Tags:
MotoGP, 2007, GP CINZANO DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI

Other updates you may be interested in ›