初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

キーファー・レーシング、2人目のドイツ人ライダーを起用

キーファー・レーシング、2人目のドイツ人ライダーを起用

キーファー・レーシングは、2008年にロビン・レッセルを起用することを発表した。

キーファー・レーシングは、2008年にロビン・レッセルを起用することを発表した。

同チームは、ヤングライダーの育成のために今年からプロジェクトを立ち上げ、キーファー・レーシング・ジュニアとして、2人のライダーを起用してIDMドイツ選手権に参加。16歳のレセルは、国内選手権の活躍が認められ、トップチームに昇格することが決定した。

チームマネージャーのステファン・キーファーは、「数週間前にステファン・ブラドルを起用することが決定しました。そして、ロビンとの合意を発表することになり、大変嬉しく思います」と喜びを語った。

「ロビンは、チャンピオンシップのシートを確保する最初のライダーになりました。我々の戦略を信じています。もう1人のライダー、マルビン・フリッツ(14歳)は、もしかしたら、2009年に起用することができるかもしれません。」

「我々の意志は、将来に投資し、世界で成功を保証するために戦う機会をドイツ人ライダーに与えることです。」

Tags:
125cc, 2007

Other updates you may be interested in ›