初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

レプソル・ホンダ、昨年の悪夢一掃へ

レプソル・ホンダ、昨年の悪夢一掃へ

レプソル・ホンダは、今週末にエストリルで開催される第14戦ポルトガルGPを前に、昨年の悪夢を克服したことを認め、ベストパフォーマンスを披露することを誓った。

レプソル・ホンダは、今週末にエストリルで開催される第14戦ポルトガルGPを前に、昨年の悪夢を克服したことを認め、ベストパフォーマンスを披露することを誓った。

前戦サンマリノGPでは、スタート直後の2コーナーでアクシデントを回避するために、コースアウトを喫して、最後尾までポジションを落としてしまったニッキー・ヘイデンだったが、最後まで走りきって13位。さらに、翌日の合同テストでは、5レース分に相当する134ラップを走行し、昨年チームメイトと接触転倒したエストリルに向けて、万全の準備をした。

「僕たちはポルトガルに行く。昨年のことを考え、ワールドチャンピオンになるという夢が消えかけた時を思い出すと笑ってしまう。だから、今週末に少しでもリベンジができれば気分がいいね。」

「今年はすごく苦しみ、不運もミスもあったから、エストリルに行って、全てが機能するようにしたい。」

前戦の転倒リタイヤで、残り5戦の目標をランク2位に絞ったダニ・ペドロサは、昨年のアクシデントを克服したことを認めた。

「当然、昨年の思い出は良くないけど、もう乗り越えた。通常通りに週末に挑み、チャンピオンシップのランク2位に接近することが目標だ。」

「早くエストリルに行って、もう一度チームと一緒に仕事を始めたい。ミサノのレースは、特に回避するために何もできなかったから、フラストレーションだった。チームは僕と同じように、ポルトガルで僕たちに相応しいリザルトを獲得したがっている。」

Tags:
MotoGP, 2007, bwin.com GRANDE PREMIO DE PORTUGAL

Other updates you may be interested in ›