初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

プレスカンファレンス

プレスカンファレンス

第14戦ポルトガルGPを前日に控えた13日、主役たちがプレスカンファレンスに出席した。

第14戦ポルトガルGPを前日に控えた13日、主役たちがプレスカンファレンスに出席した。

初タイトル獲得の可能性があるケーシー・ストーナーは、「もう多くのレースはない。どのくらい勝てるか、負けるか見てみよう。バレンティーノは戦い続けるから、人々が言うほど、簡単ではない。確かに、サンマリノのアンラッキーは助けとなった。ここに自信がある。仕事に専念するだけ。チャンピオンシップで最も難しいサーキットの1つだと思う」と心境を語った。

ポルトガル語を唯一話すブラジル人ライダーのアレックス・バロスは、「シーズン序盤はすごく良かったけど、ここ数戦はそうではない。今シーズンの本当の問題は公式予選。僕のパッケージとライディングは、毎戦トップ5以内に位置しなければいけないけど、スターティンググリッドは全く十分ではない」と振り返った。

前戦サンマリノGPで2位を獲得したクリス・バーミューレンは、「昨年のここでのレースは厳しかった。ブリヂストン勢は大きな問題があった。今のパッケージは、2005年末に初ライドしてから著しく良くなり、機能する」と、スズキGSV‐R&ブリヂストンのパッケージを賞賛した。

第9戦TTアッセンで大腿骨を骨折してから徐々にコンディションを上げてきたトニ・エリアスは、「脚は痛い。回復具合はゆっくりで、今週末は80%ぐらいだ。体力的に要求が厳しいサーキットだけど、ブルノ、ミサノの流れを持ち込みたい」と調子を説明した。

フィアット・ヤマハのチームマネージャー、ダビデ・ビリビオは、「開幕戦の時からトップスピードに問題があることは分かっていましたが、バイクやタイヤにも問題がありました」と、状況を説明した。

「ドゥカティ、ケーシー、ブリヂストンは素晴らしい仕事をしました、新しい規則のおかげだとは思いません。個人的な意見として、タイヤ規制は変更するべきではありません。もし、変更するならば、ミシュランを、バレンティーノを、他を助けたと実に簡単に言うことができるでしょう。ミシュランと一緒に、改善し、戦闘力を再び見つけなければいけません。」

Tags:
MotoGP, 2007, bwin.com GRANDE PREMIO DE PORTUGAL

Other updates you may be interested in ›