初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

主役たちのコメント

主役たちのコメント

主役たちのコメント

C.ストーナー:(初日総合1位)
「午前と午後の終盤は少し苦労したけど、初日の展開としては満足。小さな難しさがあったけど、このコースに適したセッティングが見つかって嬉しい。バンピーが多く、コーナーも実にテクニカル。タイヤに関しては、ほぼレース距離を走り、もう少しトラクションを探すことが残っている。明日、上手く見つかれば、僕たちはレースリズムもラップタイムも良くする力がある。」

玉田誠:(初日総合2位)
「今回ダンロップが新しいタイヤを持ち込んでくれ、何本かに絞ってもらい、こちら側もやりやすく、選びやすかったです。その中でグリップがいいのがありました。午前中に走り込みもでき、午後もいいグリップを保つことができました。まだ、『持ち』をやっていないので、明日はそのあたりを。M1もミッションを少し調整した程度で、ほとんど変更なし。すごく気持ちよく走れています。本当はトップタイムを狙っていましたが、セクション1でミスがあり、トップは獲れなかったですが、今年一番のパフォーマンスが出来たと思います。」

V.ロッシ:(初日総合3位)
「新しいエンジンの幾つかの分野で進歩があったから嬉しい。それにここ数回のテストで、タイヤが発展したのも満足。」

D.ペドロサ:(初日総合4位)
「午前はコースがすごく汚れていて、難しかった。午後に入って、すぐに1秒ほど縮め、速く走れることができた。レースに向けて、耐久性の仕事を続けないと。」

R.ドプニエ:(初日総合5位)
「午前の最初からビックなセッティングを得た。ソフトタイヤで24ラップを走り、好タイムを記録した。バイクの上で肋骨に痛みを感じた。1週間前まで骨折していることを知らなかった。」

中野真矢:(初日総合15位)
「ミサノと同じセッティングで走り始め、大きな問題はありませんでした。午前9番手、午後は14番手。前とは大きな差がないので、チャンスだと思います。」

Tags:
MotoGP, 2007, bwin.com GRANDE PREMIO DE PORTUGAL

Other updates you may be interested in ›