初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

日本から世界へ扉を開いたタイ人ライダー

日本から世界へ扉を開いたタイ人ライダー

日本から世界へ扉を開いたタイ人ライダー

ラタパー・ヴィライローは、1年ぶりにツインリンクもてぎに戻って来る。

タイ人ライダーは、全日本選手権GP250での好成績により、昨年の第15戦日本GPにワイルドカード参戦すると、14番グリッドから10位でフィニッシュ。その時のパフォーマンスが、スパニッシュチームのストップ&ゴーに認められ、2007年からのレギュラーライダーとしてのシートを獲得した。

現在29ポイントを稼ぎ、ランク16位のラタパーは、「モテギに戻って来ることは、僕にとってすごく大切。昨年はいいパフォーマンスをして、世界への扉を開いた。大好きなコースだし、今年もいい走りができると思う」と抱負を語った。

「タイから約100人の応援団が来る。多くの人たちはホンダのディーラーで働いている。日曜には、彼らに大きな喜びを与えたい。」

Tags:
250cc, 2007, A-STYLE GRAND PRIX OF JAPAN, Ratthapark Wilairot

Other updates you may be interested in ›