初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

関口太郎、ドクターストップ

関口太郎、ドクターストップ

関口太郎は、第15戦日本GPにドクターストップにより欠場することとなった。

関口太郎は、第15戦日本GPにドクターストップにより欠場することとなった。

後半戦開幕となった第12戦チェコGPのウォームアップ走行中に転倒を喫した関口は、地元グランプリからの復帰に向けて、治療とリハビリに専念してきたが、グランプリ前日のメディカルチェックの結果、次戦オーストラリアGPからコースに戻ることとなった。

「日本の主治医、クリニカモービルのコスタ医師とマキアゴデーナ医師、メディカルセンターの医師から、今回だけは絶対に参戦するな、と指摘されました。地元レースに出るために頑張ってきましたが、残念です。ファンの皆様、申し訳ございません。」

「次のフィリップアイランドには出ます。ケガをしっかり直して、残り3戦に頑張ります。」

Tags:
250cc, 2007, A-STYLE GRAND PRIX OF JAPAN, Taro Sekiguchi

Other updates you may be interested in ›