Tickets purchase
VideoPass purchase

D.ペドロサ、初日制す

D.ペドロサ、初日制す

第15戦日本GPのフリー走行2は21日、ツインリンクもてぎで行われ、ダニ・ペドロサがトップタイムをマーク。初日2度のセッションをリードした。

第15戦日本GPのフリー走行2は21日、ツインリンクもてぎで行われ、ダニ・ペドロサがトップタイムをマーク。初日2度のセッションをリードした。

気温34度。路面温度46度のドライコンディションの中、午前のフリー走行1で一番時計を刻んだスペイン人ライダーは、唯一1分48秒を突破する1分47秒865を記録。2番手に浮上したランディ・ド・プニエに0.389秒差のアドバンテージを得た。

初セッションで3番手だったマルコ・メランドリはポジションをキープ。中距離走行に徹したジョン・ホプキンス、ポイントリーダーのケーシー・ストーナー、ワイルドカードの秋吉耕祐、昨年の勝者ロリス・カピロッシ、アンソニー・ウエストとブリヂストン勢が続き、午前に続き最多ラップを走ったニッキー・ヘイデンが9番手だった。

玉田誠は、トップから0.716秒差の10番手。中野真矢は0.832秒差の12番手。バレンティーノ・ロッシはエンジントラブルに見舞われたことが影響して、フリー走行1のタイムを更新できずに14番手。柳川明と伊藤真一は、それぞれ19番手と21番手だった。

Tags:
MotoGP, 2007, A-STYLE GRAND PRIX OF JAPAN, FP2

Other updates you may be interested in ›