初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

M.パシーニ、シーズン4勝目

M.パシーニ、シーズン4勝目

第15戦日本GPの決勝レースは23日、ツインリンクもてぎで行われ、マティア・パシーニがポールポジションから優勝した。

第15戦日本GPの決勝レースは23日、ツインリンクもてぎで行われ、マティア・パシーニがポールポジションから優勝した。

気温19度。路面温度22度のウェットコンディションの中、シーズン8度目のトップグリッドからスタートしたイタリア人ライダーは好スタートを決め、一時は3番グリッドのガボール・タルマクシに追いつかれたが、最後まで高い集中を維持し、2.985秒差のアドバンテージを得て、チェッカーを受けた。

タイトル争いのランク1位タルマクシとランク2位エクトル・ファウベルは、2位と3位。マイク・ディ・メッリオがシーズン最高位の4位を獲得し、ジョアン・オリベ、シモーネ・コルシ、パブロ・ニエト、セルジオ・ガデア、マイケル・ランセンデール、アンドレ・イアンノーネがトップ10入りした。

シーズン最高位の2番グリッドからスタートした小山知良だったが、徐々に後退。地元レースとチャンピオンシップを考え、最後まで走り切り、14位でフィニッシュした。

チャンピオンシップは、タルマクシがファウベルとのアドバンテージを9ポイント差に広げ、パシーニが6位から4位に浮上した。

Tags:
125cc, 2007, A-STYLE GRAND PRIX OF JAPAN, RAC

Other updates you may be interested in ›