初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ドゥカティの首脳陣、初タイトル獲得を評価

ドゥカティの首脳陣、初タイトル獲得を評価

ドゥカティの首脳陣、初タイトル獲得を評価

2003年から挑戦を開始したイタリアンファクトリーのドゥカティは、第15戦日本GPでライダーズ部門のタイトルを初獲得。ツインリンクもてぎ3連勝の快挙も達成した。

ドゥカティ・モーター・ホールディングのガブリエレ・デル・トルチオ最高経営責任者は、「効果的な戦略が含まれるこの勝利は、エクセレントなドゥカティを最高の形で証明しました。イタリア的なインテリジェンス、タレント、競争力の旋風は我が国の財産です。最高峰クラスにおけるイタリアンファクトリーの最後に世界タイトルを獲得してから34年。それは重要な目標でした」と説明した。

「再び大きな夢を実現しました。今日、この成功を達成するために、情熱と効率をもたらしてくれた全ての企業、スポンサー、チームスタッフ、エンジニア、メカニック、ケーシーのようなチャンピオン、集団の努力、気力、執心による偉大なファクトリーについて我々は話しています。」

「成功の達成に、ロリス・カピロッシの1位も加わりました。彼にはここ5年間の偉大な仕事に対して個人的に感謝します。この歴史的な成績による歓喜と名誉の中で生きることは、努力の賜物であり、スポーツ面、コマーシャル面の両方の意味、重要性以上の目標に向けて、より興奮することができません。」

ドゥカティ・コルセのクラウディオ・ドメニカリ最高経営責任者は、「夢が実現しました。ファンタスティックな、最高の気分です。この素晴らしい目標を達成するために貢献してきた人たちに対して感謝の言葉がありません」と感激した。

「イタリアは今日、製造業として完璧であり、高いテクノロジーを誇ることを強調できる国であることを証明しました。我々の技術と能力は、全てのイタリア人たちにとって誇りです。」

Tags:
MotoGP, 2007, A-STYLE GRAND PRIX OF JAPAN

Other updates you may be interested in ›