初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

N.ヘイデン:「僕は変わらない」

N.ヘイデン:「僕は変わらない」

N.ヘイデン:「僕は変わらない」

ニッキー・ヘイデンは、2006年王者として挑戦したシーズンを、レース面以外の視点から振り返り、幸せなキャリアを過ごしていることを説明。チャンピオンになっても、今まで通りの人生を歩み続けていることを認めた。

「ファンと一緒にいる時やサインをしている時、バイクの仕事やレースに集中できる時間がもっと欲しいけど、もし、サーキットに到着してサンインを求められないのは、悪い兆しだ。」

「僕の後ろには、初シーズンや昨年のポルトガルGPのように、良い時も悪い時もサポートしてくれた偉大なチームがいるから、ハッピーだ。」

「ダートトラックを始めた時からチャンピオンになるという夢を実現する可能性を常に考えた。MotoGPのワールドチャンピオンになったことは大変名誉なこと。ここに辿り着く前に、世界選手権のことを聞き、ナンバー1になるということは最高なことだと知った。楽しい。僕はモーターサイクルの大ファンであり、レースを観戦するのが好きだ。」

「家に帰ると、レースやチャンピオンシップのプレシャーを少しだけ忘れることができる。移動は少し長いけど、家族や友人たちと一緒にいたい。兄弟と一緒にトレーニングするのもいい気分だ。僅か2日間でも、パワーを戻すためのエネルギーが充電される。これは悪い仕事ではない。常に僕の夢だったから、これ以上に望むことは少ししかない。」

「ライダーになっていなかったら沢山のことができたかもしれない。何だろう。俳優やフットボールの選手になることでも構わない。いつも、しなければいけないことを楽しんだけど、僕はMotoGPにいる。ワールドチャンピオンにもなった。契約もいいし、バイクを走らせるという最も好きなことをしているから、誰に僕を変えられない。」

Tags:
MotoGP, 2007, A-STYLE GRAND PRIX OF JAPAN

Other updates you may be interested in ›