Tickets purchase
VideoPass purchase

N.ヘイデン、2日間で最多の175ラップを走行

N.ヘイデン、2日間で最多の175ラップを走行

N.ヘイデン、2日間で最多の175ラップを走行

ニッキー・ヘイデンは、2日間のMotoGP合同テストに参加。トップタイムをマークした。

初日に86ラップ。2日目には89ラップを走り、7.2レース分を走行。来年型のRC212Vの開発に向けて、HRCのエンジニアたちに貴重なデータを提供した。

「多くのライダーたちがいなかったから、ほとんど僕たちのためのサーキットだった。新しいマフラーとクラッチをテスト。今年使用するパーツではなく、来年に向けての仕事だった。」

「すごく良く機能した。1分47秒台を維持する力があり、週末よりも簡単に1分47秒台で周回を重ねることができた。ミシュランのタイヤも幾つか試すことができ、僕にとってベストなフロントタイヤを見つけた。タイヤのレギュレーションで、特にフィリップアイランドのような天候の変化が目まぐるしいところでは、新しいタイヤを搭載する判断は、常にリスクを伴う。」

「とにかく、進歩するために必要なこの時期に、一緒に延滞してくれ、懸命に働いてくれたチームに感謝したい。」

Tags:
MotoGP, 2007, A-STYLE GRAND PRIX OF JAPAN

Other updates you may be interested in ›