初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

L.スッポ:「我々とケーシーの道が交差したのは幸運でした」

L.スッポ:「我々とケーシーの道が交差したのは幸運でした」

L.スッポ:「我々とケーシーの道が交差したのは幸運でした」

ドゥカティのMotoGPプロジェクトリーダーを務めるリビオ・スッポは、第15戦日本GP終了直後、ケーシー・ストーナーとイタリアンファクトリーの初タイトル獲得を分析。ドラマティックなレースだったことを認めた。

「映画監督でさえ、日本におけるケーシーのチャンピオンシップ制覇とロリスの優勝という理想的なファイナルを描くことはできないでしょう。ドゥカティの歴史を築き、我々は大変誇りに感じます。」

史上2番目の若さでタイトルを獲得し、次戦の母国グランプリを控えるオーストラリア人ライダーに対して、「チャンピオンシップを制した後、彼は実家で休養するために、2週間のバカンスを持つことはノーマルなことだと思います。タイトル獲得の後で、それは相応しいです」と語った。

「ほんの僅かな時間で、高い戦闘力を備えることは困難なことだと思います。ある日、我々はミシュランからブリヂストンに変更することを決定しました。もし、昨年ロリスが負傷しなければ、タイトル争いすることができたかもしれません。今シーズン、ケーシーはチャンピオンシップを支配し、勝ちました。今、我々は戦いに挑まれるチームとなりました。レベルアップのために他の方法で働きますが、これは通常なことであり、これが競争です。」

「我々とケーシーの道が交差したのは幸運でした。彼はチームと能力を発揮することが許されるパッケージを見つけました。」

Tags:
MotoGP, 2007, A-STYLE GRAND PRIX OF JAPAN

Other updates you may be interested in ›