初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ダンロップ、タイヤメーカー間の競争を強調

ダンロップ、タイヤメーカー間の競争を強調

ダンロップのレーシングマネージャーを務めるジェレミー・ファーガソンは、第15戦日本GP期間中にGPコミッションが提案したタイヤワンメークに関して、反対する姿勢を示した。

ダンロップのレーシングマネージャーを務めるジェレミー・ファーガソンは、第15戦日本GP期間中にGPコミッションが提案したタイヤワンメークに関して、反対する姿勢を示した。

「タイヤワンメークの提案に対して、どう解決するか待ちます。もし、その提案が承認されれば、条件や手段は何かです。しかし、我々としては、このアイディアに反対です。」

「競争があることはポジティブであると考えます。MotoGPはライダーとコンストラクター、同様にタイヤのチャンピオンシップです。他のクラスの状況と比較することはできません。」

同グランプリでは、ダンロップ・ヤマハ・テック3のシルバン・ギュントーリが4位でフィニッシュ。800ccクラスのベストリザルトをもたらした。

「日本GPのリザルト、特にシルバン・ギュントーリに素晴らしいパフォーマンスに大満足です。彼はレース中、非常に速かったです。最終的に表彰台に登れなかったのは残念ですが、本当にこの結果は大変良いです。」

Tags:
MotoGP, 2007, A-STYLE GRAND PRIX OF JAPAN

Other updates you may be interested in ›