初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.ホフマン、継続参戦に意欲

A.ホフマン、継続参戦に意欲

アレックス・ホフマンは先週、プラマック・ダンティーンとの契約解除に関して不当であることを強調した。

アレックス・ホフマンは先週、プラマック・ダンティーンとの契約解除に関して不当であることを強調した。

第14戦ポルトガルGP後に突然解雇されたドイツ人ライダーは、「全ての法的手段を使って闘うつもりだ」と説明を始めた。

「僕の解雇はレース日とは無関係。シーズン中のパフォーマンスの低さであると仮定する。いろいろなことがあったが、チームメイトのアレックス・バロスに続いて、ランキング11位(第13戦サンマリノGP終了後)。それに、他のライダーの責任でケガを負って欠場を余儀なくされたことがあった。」

「エストリルでの僕の行動が原因で解雇となるのは不当だ。常にチームと共にレースに向けて全力を尽くしてきた。負傷により、まだ完治していない手でレースに挑戦した。ウォームアップラップの際、クラッチに問題があることに気づいた。2号車に乗り換えた後、レースに選んだタイヤを履いていない大きなハンディキャップに出くわし、ピットレーンからのスタートを強いられた。」

「オープニングラップで(トップから)11秒差まで詰め、前のライダーたちに追いつくために頑張ったけど、実際には、その目標を達成できるだけのバイクではなかった。他のライダーたちが転倒するか、トラブルに見舞われるのを期待するしかなかった。手の状態が悪化するリスクを冒さないために、リタイヤすることを決断した。」

「僕はプラマック・ダンティーンに2年間尽くしたから、今回のことは、シンプルに注意を与えることで良かったと思う。警告なしの解雇は受け入れられない。だから、僕の目標はチームと一緒にシーズンを終え、フィリップアイランドのオーストラリアGPに参戦することだ。」

ホフマンは、MotoGPライダーのステータスを回復するため、弁護士に今回の問題を託すことに決めた。

Tags:
MotoGP, 2007

Other updates you may be interested in ›