初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

C.ストーナー、転倒もトップタイム

C.ストーナー、転倒もトップタイム

第16戦オーストラリアGPのフリー走行2は12日、フィリップアイランドで行われ、ケーシー・ストーナーがトップタイムをマークした。

第16戦オーストラリアGPのフリー走行2は12日、フィリップアイランドで行われ、ケーシー・ストーナーがトップタイムをマークした。

気温14度。路面温度20度のウェットコンディションで2度目のセッションがスタート。強風により直ぐに路面が乾くが、断続的に雨が降ることから、天候、路面状況が目まぐるしく変化する。その中で、母国に凱旋したストーナーは安定して1分31秒台をマーク。セッション最後には転倒を喫したが、一番時計を刻んだ。

2番手には、昨年フラッグ・トゥ・フラッグで優勝したマルコ・メランドリが浮上。ランク2位争いのダニ・ペドロサ、バレンティーノ・ロッシが続いた。

前戦日本GPで初めて表彰台を獲得したランディ・ド・プニエは5番手。アレックス・バロス、カルロス・チェカ、ロリス・カピロッシ、ニッキー・ヘイデン、アンソニー・ウエストがトップ10入りした。

午前中に続き、意欲的に走り込んだ中野真矢は12番手。コールドコンディションにタイヤが適応せずに苦しい展開となった玉田誠は18番手だった。

Tags:
MotoGP, 2007, GMC AUSTRALIAN GRAND PRIX, FP2

Other updates you may be interested in ›