初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

C.ストーナー、地元で初V

C.ストーナー、地元で初V

第16戦オーストラリアGPの決勝レースは14日、フィリップアイランドで行われ、ケーシー・ストーナーが地元で初めての優勝を飾った。

第16戦オーストラリアGPの決勝レースは14日、フィリップアイランドで行われ、ケーシー・ストーナーが地元で初めての優勝を飾った。

気温20度。路面温度31度のドライコンディションの中、前戦日本GPで初タイトルを獲得した3番グリッドのストーナーは、好スタートでホールショットを決めると、序盤に1分30秒台を連発。レースの主導権を握り、独走でシーズン9勝目を達成。チャンピオンシップ開催最南端のサーキットに駆けつけたファン(過去最高の5万425人)を熱狂させた。

前戦勝者のロリス・カピロッシは、5番グリッドから安定したラップタイムを刻み、2位表彰台を獲得。ドゥカティが初めて1・2フィニッシュを決めた。

ランク2位獲得に目標を切り替えたバレンティーノ・ロッシは、シーズン8度目の表彰台となる3位。ポールポジションのダニ・ペドロサ、アレックス・バロス、ランディ・ド・プニエ、ジョン・ホプキンス、クリス・バーミューレン、コーリン・エドワーズ、マルコ・メランドリがトップ10入りした。

8番グリッドの中野真矢は、中盤に入ると序盤のペースを維持することが難しく、13位でゴール。15番グリッドの玉田誠は、スタートからグリップ不足に苦しんで16位だった。

チャンピオンシップは、ロッシがペドロサとのアドバンテージを29ポイント差に広げ、7位のカピロッシが4位のホプキンスに15ポイント差まで詰め寄った。

Tags:
MotoGP, 2007, GMC AUSTRALIAN GRAND PRIX, RAC

Other updates you may be interested in ›