初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.ロレンソ、9度目のポール・トゥ・ウイン!

J.ロレンソ、9度目のポール・トゥ・ウイン!

第16戦オーストラリアGPの決勝レースは14日、フィリップアイランドで行われ、ポイントリーダーのホルヘ・ロレンソが優勝。シーズン9度目のポール・トゥ・ウインを飾った。

第16戦オーストラリアGPの決勝レースは14日、フィリップアイランドで行われ、ポイントリーダーのホルヘ・ロレンソが優勝。シーズン9度目のポール・トゥ・ウインを飾った。

気温18度。路面温度29度のドライコンディションの中、初日のフリー走行1から圧倒的な速さを見せ、シーズン9度目のトップグリッドからスタートしたロレンソは、ライバルたちを寄せ付けず、2位に19秒以上のアドバンテージを得て、シーズン9勝目を達成。タイトル2連覇に王手をかけた。

5人による2位争いは、アプリリアからロレンソの後継者に指名されたアルバル・バウティスタが競り勝ち、アンドレア・ドビツィオーソ、青山博一、トーマス・ルティ、フリアン・シモンが続いた。

10番グリッドの青山周平は、好リズムを刻んで、7ラップ目には2番手に浮上。その直後に、コースアウトを喫して、11番まで後退したが、そこから徐々に追い上げ、ラスト3ラップにはアレックス・デ・アンジェリスをパス。マルコ・シモンセリに0.008秒差まで詰めた。

12番グリッドの高橋裕紀は、10位でフィニッシュ。第12戦チェコGPで負傷した関口太郎は、復帰戦を18位で完走した。

チャンピオンシップは、ロレンソがドビツィオーソとのアドバンテージを45ポイント差に広げた。

Tags:
250cc, 2007, GMC AUSTRALIAN GRAND PRIX, RAC

Other updates you may be interested in ›