初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.ウエスト:「リアタイヤがダメになるまで全力でプッシュした」

A.ウエスト:「リアタイヤがダメになるまで全力でプッシュした」

A.ウエスト:「リアタイヤがダメになるまで全力でプッシュした」

アンソニー・ウエストは、第16戦オーストラリアGPで、10番グリッドから12位フィニッシュ。地元で期待したリザルトを獲得できなかったが、来年に向けて気持ちを切り替えた。

セッション初日から、コーナリング、特に左コーナーでリアタイヤがスピニングしてしまう問題を解決できず、クリス・バーミューレン、コーリン・エドワーズ、マルコ・メランドリ、カルロス・チェカとのバトルに競り勝つことができなかった。

「スタートは最高でなかったけど、頑張った。いい感じで乗れていて、リアタイヤがダメになるまで全力でプッシュした。コーナーを上手く走ることができなかった。これはセッションでも同じような症状で、特に左にバイクを寝かすのが難しかった。」

「前のグループを追いかけようとしたけど、終盤に入って、タイヤがもう残っていなかった。結果には喜べないけど、ファンは僕を応援してくれたから、次に来る時には、彼らに喜びを与えたい。」

Tags:
MotoGP, 2007, GMC AUSTRALIAN GRAND PRIX, Anthony West

Other updates you may be interested in ›