初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロッシ&カピロッシ、戦闘力アップのホンダ車に警戒

ロッシ&カピロッシ、戦闘力アップのホンダ車に警戒

ロッシ&カピロッシ、戦闘力アップのホンダ車に警戒

バレンティーノ・ロッシとロリス・カピロッシは、第16戦オーストラリアGP決勝レース後に、ホンダRC212Vの開発が著しく進んでいることを認めた。

前戦日本GPでの優勝に続き、2位表彰台を獲得したカピロッシは、ダニ・ペドロサのパフォーマンスを評価する一方で、「シーズン当初との大きな唯一の違いは、ホンダのエンジンはすごく速いということ。バイクは、シーズンを通して大きく改善された。操縦性に関しては、それほど悪いとは思わないけど、異なるタイヤを装着するから、我々のバイクと比較することは難しい」と説明した。

3位表彰台を獲得して、ペドロサとのランク2位争いにアドバンテージを広げたロッシは、「ホンダは昨年とは大きく異なったバイクを作った。ある分野では素晴らしい操縦性を提供するが、もしかしたら、安定性、もしくはそれに似たような問題があるのかもしれない。率直に、僕の頭の中には自分のバイクの機能を理解することで働いているから、ホンダ車がどう機能するのか理解するのが難しい」と語った。

Tags:
MotoGP, 2007, GMC AUSTRALIAN GRAND PRIX, Valentino Rossi, Loris Capirossi

Other updates you may be interested in ›