初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

青木宣篤、2008年プロトタイプで登場

青木宣篤、2008年プロトタイプで登場

青木宣篤は、第17戦マレーシアGPにスポット参戦。開発中の2008年型プロトタイプで、2005年最終戦バレンシアGP以来のグランプリに挑戦する。

青木宣篤は、第17戦マレーシアGPにスポット参戦。開発中の2008年型プロトタイプで、2005年最終戦バレンシアGP以来のグランプリに挑戦する。

「まるまる2年ぶりですが、GPチームと一緒に事後テストに参加しているので、ブランクを感じませんが、レースだとどうなるか、楽しみです」と、久々の実戦に向けて心境を語った。

「セパンとスズキは相性が良いようで、ここでのワイルドカード参戦を希望しました。チームとしての目標は、レースを走り切ることで、個人的にはトップ6で終われれば、今回の参戦は成功だと思います。」

2008年型を一番に投入するスズキ勢。プロトタイプは、苦手サーキットでのパフォーマンス向上を狙っている。

「重量バランスを見直し、GPチームが苦戦したフィリップアイランドなどのサーキットでパフォーマンスが上がるように底上げをします。今回は近代的なサーキットであるセパンで、どう機能するか確認します。」

チームマネージャーのポール・デニングは、「2008年プロトタイプは、ノブアツが今週末に使用します。将来へのベースです。これは、スズキは来年に向けて既に準備したという良い兆しです。ノブアツと秋吉という2人の非常に速いライダーがいることは大きな利益となります」と説明した。

Tags:
MotoGP, 2007, POLINI MALAYSIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›