初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

P.ニエトが暫定一番

P.ニエトが暫定一番

第17戦マレーシアGPの公式予選1は19日、セパンで行われ、パブロ・ニエトがトップタイムをマーク。暫定ポールポジションを奪取した。

第17戦マレーシアGPの公式予選1は19日、セパンで行われ、パブロ・ニエトがトップタイムをマーク。暫定ポールポジションを奪取した。

気温29度。路面温度32度のウェットコンディションの中、クラス最年長27歳のスペイン人ライダーは、最後のタイムアタックで2分23秒886の一番時計を刻み、2番手のマティア・パシーニに2.706秒差のアドバンテージをつけた。

3番手には、前戦勝者のルーカス・ペセック。フリー走行1でトップだったガボール・タルマクシ、ステファン・ブラドル、マイク・ディ・メッリオ、サンドロ・コルテーセ、ステレベ・ラバット、マイケル・ランセンデール、ブラドリー・スミスがトップ10入りした。

午前のセッションで6番手だった小山知良は、7.515秒差の21番手。ランク2位のエクトル・ファウベルは31番手だった。

Tags:
125cc, 2007, POLINI MALAYSIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX, QP1

Other updates you may be interested in ›