初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

主役たちのコメント

主役たちのコメント

D.ペドロサ(公式予選1位) 「幾つかのことを確認しなければいけない。明日に向けて、ベストなセッティングが見つけることができるか見てみよう。予選については、上手く行って、僕たちは再びポールに位置する。好スタートだけど、レースが最も重要だ。」

D.ペドロサ(公式予選1位)
「幾つかのことを確認しなければいけない。明日に向けて、ベストなセッティングが見つけることができるか見てみよう。予選については、上手く行って、僕たちは再びポールに位置する。好スタートだけど、レースが最も重要だ。」

C.ストーナー(公式予選2位)
「少しがっかり。もっと速く行くことができると思う。フィリップアイランドで起きたように、少しだけ幸運が足りなかった。とにかく、明日のレースに向けては、いい感じだ。」

M.メランドリ(公式予選3位)
「チャッカーを受けて、ラップタイムを見た時、少し驚いた。好タイムだったと知っていたから。でも、それほどでもなかった。レースは難しいだろう。今日は非常にハードで、バイクが滑り過ぎた。」

V.ロッシ(公式予選9位)
「予選タイヤは、シーズンを通じて上手く行っていたから、大きな自信があった。1列目の可能性があると思い、2本目でもっとタイムが良くなるだろうと考えたけど、セクション3で滑り、タイムロスしてしまった。3列目ですごくがっかり。ウォームアップはレースとはコンディションが違うから挽回するのが難しい。」

中野真矢(公式予選14位)
「路面を張り替えたところが滑り、乗り方を変えてみたりして、少しは良くなってきたので、もう少し時間があれば、と思いました。14番手。不完全燃焼です。明日の朝にもう一度違うことを試したいです。」

玉田誠(公式予選18位)
「いい方向性が見つかっていません。タイヤもいろいろ試しましたが、まだ決まっていません。シルバンがいいペースで走っているので、何か悪いところがあるので、調べてもらっています。そこが分かれば、ちゃんと走れます。」

青木宣篤(公式予選19位)
「選んだ予選タイヤが上手く機能せず、タイムアップできず、悔しい結果になってしまいましたが、レース用のセットアップとレースタイヤのコンビネーションで、コンスタントなタイムが刻めています。トップ10に入れるリズムなので、そこを目指します。」

Tags:
MotoGP, 2007, POLINI MALAYSIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›