初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

C.ストーナー、シーズン10勝目に向けて準備OK

C.ストーナー、シーズン10勝目に向けて準備OK

第17戦マレーシアGPのウォームアップ走行は21日、セパンで行われ、ケーシー・ストーナーがトップタイムをマークした。

第17戦マレーシアGPのウォームアップ走行は21日、セパンで行われ、ケーシー・ストーナーがトップタイムをマークした。

気温31度。路面温度33度のドライコンディションの中、2番グリッドの2008年王者はコンスタントに2分02秒台のリズムで走行。シーズン10勝目に向けて、仕上がりの良さを見せれば、ポールポジションのダニ・ペドロサは0.369秒差の2番手。マルコ・メランドリ、ジョン・ホプキンス、ニッキー・ヘイデンが続いた。

2年前の勝者ロリス・カピロッシは7番手。昨年の勝者バレンティーノ・ロッシは11番手。中野真矢は16番手。青木宣篤と玉田誠は18番手と19番手だった。

250ccクラスは、ホルヘ・ロレンソが一番時計。マルコ・シモンセリ、ミカ・カリオ、アルバロ・バウティスタ、アンドレア・ドビツィオーソが続き、ポールポジションの青山博一は6番手。高橋裕紀は8番手。青山周平と関口太郎は15番手と24番手だった。

ウェットコンディションでスタートした125ccクラスは、ポイントリーダーのガボール・タルマクシがトップタイム。サンドロ・コルテーセ、エステベ・ラバット、ルーカス・ペセック、パブロ・ニエトがトップ5入り。ポールポジションのエクトル・ファウベルは9番手。6番グリッドの小山知良は26番手だった。

Tags:
MotoGP, 2007, POLINI MALAYSIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX, WUP

Other updates you may be interested in ›