初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.ドビツィオーソ:「タイトルよりレースの方が残念」

A.ドビツィオーソ:「タイトルよりレースの方が残念」

アンドレア・ドビツィオーソは、第17戦マレーシアGPの決勝レースで転倒。2年連続のランク2位が決まった。

アンドレア・ドビツィオーソは、第17戦マレーシアGPの決勝レースで転倒。2年連続のランク2位が決まった。

イタリア人ライダーは、タイトル獲得の可能性を最終戦まで延長するために、優勝だけを目指して4番グリッドから積極的にトップに飛び出したが、ラスト2ラップに、ミカ・カリオと接触。転倒後、レースに復帰して、11位でゴールした。

「ロレンソがチャンピオンシップを勝つのは分かっていたけど、僕は勝利を求めていた。タイトルよりも、レース結果の方が残念だ。ロレンソと闘う可能性があり、タイヤが消耗を始めるまで、できる限り僕はプッシュした。バトルが始まる瞬間、彼は幾つかのポイントでアドバンテージを得る力があり、その他では僕がブレーキング勝っていた。」

「カリオは突っ込みすぎ、僕のバイクにぶつかった。レースでは起きることだけど、今日起きてしまった。今年何度も見舞われたように不運だった。受け入れなければいけないけど、それは簡単ではない。」

Tags:
250cc, 2007, POLINI MALAYSIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX, Andrea Dovizioso

Other updates you may be interested in ›