初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.ロレンソ:「ドビツィオーソは最高のライバルだった」

J.ロレンソ:「ドビツィオーソは最高のライバルだった」

ホルヘ・ロレンソは、250ccクラス2年連続のタイトルを獲得した第17戦マレーシアGPの決勝レース終了後、シーズン中何度もモチベーションを高めるために観た映画「ロッキー」のパフォーマンスで、喜びを爆発させた。

ホルヘ・ロレンソは、250ccクラス2年連続のタイトルを獲得した第17戦マレーシアGPの決勝レース終了後、シーズン中何度もモチベーションを高めるために観た映画「ロッキー」のパフォーマンスで、喜びを爆発させた。

「250ccクラスで2年連続して世界タイトルを獲得できて嬉しい。僕のチームはシーズンを通じてファンタスティックな仕事をした。このタイトルに相応しい。僕の家族、アプリリア、スベインのファンのみんなは、絶えず僕を応援してくれ、僕が日増しに強くなるのを支えてくれた。」

「このタイトルは昨年よりも最高だ。苦しんだのも少なかったし、バレンシアの前に獲得した。レースに勝ちたかったけど、すごく怖く、リスクを冒さないことに決めた。優先事項は優勝ではなかったから。オーストラリアのように走らず、ミクを犯したけど、重要なのはナンバー1を再確認することで、僕たちの今年の仕事に大きな誇りを持たなければいけない。」

2年連続してタイトルを争ったアンドレア・ドビツィオーソについては、「彼は最高のライバルだった。時々非常にハードで、今日は表彰台の上で彼の仕事を祝福したかった」と語った。

「バレンシアでシーズンを優勝で締め括りたい。その後に、MotoGPのことを考え始めたい。僕の次の目標は、エンジョイ続けること。ベストライダーになることだ。」

Tags:
250cc, 2007, POLINI MALAYSIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX, Jorge Lorenzo

Other updates you may be interested in ›