初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

アスパル・チーム、地元最終戦へ

アスパル・チーム、地元最終戦へ

バンカハ・アスパルは、チームの地元開催となる最終戦バレンシアGPに、2人のタイトル候補者と一緒に乗り込む。

バンカハ・アスパルは、チームの地元開催となる最終戦バレンシアGPに、2人のタイトル候補者と一緒に乗り込む。

チームマネージャーであり、元125ccクラス王者のホルヘ・マルティネス・アスパルは、ランク1位のガボール・タルマクシの幸運を祈ると同時に、バレンシア出身のランク2位、エクトル・ファウベルが地元グランプリでタイトルを獲得することは最高の状況であることを認め、フェアーに闘うことを強調した。

「パドックの多くのチームは、ランク1位とランク2位のライダーを所有するという我々の状況になりたいと願っているはずです。タイトル争いがどう決着するか、バレンシアGPを待つばかりです。」

「ガボールの健闘を願いますが、バレンシア出身のライダーが、バレンシアのチームと共に、バレンシアでワールドチャンピオンになることを願いします。その状況は大変幸せです。全ての組み合わせは、この数年間の歩みと共に組み立てられ、チームは大きく成長しました。」

Tags:
125cc, 2007, POLINI MALAYSIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›