初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ミシュラン、最終戦に自信

ミシュラン、最終戦に自信

MotoGPは、4戦ぶりに欧州に再上陸。ミシュランは、開発が進むタイヤで第14戦ポルトガルGP以来シーズン6勝目を目指す。

MotoGPは、4戦ぶりに欧州に再上陸。ミシュランは、開発が進むタイヤで第14戦ポルトガルGP以来シーズン6勝目を目指す。

モーターサイクル部門ディレクターのジャン‐フィリップ・ウェバーは、「バレンシアは特にタイヤの左側に厳しい困難なコースです。左エッジと右エッジのコンパウンドは大きく異なります。特に高速左コーナーに立ち向かうために、非常にハードなコンパウンドで対応し、右回りが少ない右エッジには温まりやすい軟らかいコンパウンドを使用します」と対応策を説明した。

「我々の最新プロファイルと構造が、バレンシアでも好反応すると確信します。マレーシアでは我々のライダーたちが好パフォーマンスを見せてくれ、開発の方向性が正しいことを証明しました。バレンシアで好リザルトを獲得することを期待し、我々の仕事の成果を確信したいです。」

「バレンシアで使用するタイヤはここ数戦と同じスペックですが、コースの要求に合わせます。現在の16.5インチリアタイヤは4世代目。エッジグリップに優れ、加速の際のトラクションもいいです。バイクを寝かせる時間が長く、コーナーでの対応が求められるバレンシアでは、この2つの要素は重要です。ニッキー・ヘイデンは、ここ2戦で新型の16インチリアタイヤを使用しました。彼との仕事を継続したいです。」

Tags:
MotoGP, 2007, GRAN PREMIO bwin.com DE LA COMUNITAT VALENCIANA

Other updates you may be interested in ›