初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

GSV‐Rプロトタイプ好発進

GSV‐Rプロトタイプ好発進

スズキは、他のファクトリーよりも早く、2008年型プロトタイプを実戦に投入。来シーズンに向けて、好発進した。

スズキは、他のファクトリーよりも早く、2008年型プロトタイプを実戦に投入。来シーズンに向けて、好発進した。

テストライダーの青木宣篤は、ワイルドカードで参戦した第17戦マレーシアGPで現行型のGSV‐Rではなく、2008年型のプロトタイプで登場。重量配分とエアロダイナミックが改善されたマシンは、セッションでレギュラーライダーたちよりもトップスピードが時速6~7キロ増しを記録した。今後はエンジンと電子制御の改善に集中する。

二輪設計グループ・レースグループの大西文弘グループ長は、「レギュラーライダーたちの中で、このような結果が出て良かったと思います。いいところが見つかり、改善することろも見つかりました」とレース後に今回の参戦を評価した。

「エンジンを大きく変えているわけではありません。空力とエンジンの細かなところで、予想以上に良い結果が出ました。馬力でトップスピードを上げたわけでありません。この時期にこれだけの完成度に上げられたことで、来年に期待できます。」

プロトタイプマシンは、セパンから直接バレンシアに空輸。最終戦後の合同テストで、レギュラーライダーたちがテストを実施する。

Tags:
MotoGP, 2007, POLINI MALAYSIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›