初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

G.タルマクシ、初タイトル獲得に向けP.P.ゲット

G.タルマクシ、初タイトル獲得に向けP.P.ゲット

最終戦バレンシアGPの公式予選2は3日、ガボール・タルマクシがトップタイムをマーク。ポールポジションを奪取した。

最終戦バレンシアGPの公式予選2は3日、ガボール・タルマクシがトップタイムをマーク。ポールポジションを奪取した。

気温20度。路面温度25度のドライコンディションの中、ランク1位のハンガリー人ライダーは、昨年アルバロ・バウティスタが樹立したサーキットベストラップ(1分39秒058)を更新する1分39秒029を叩き出し、タイトル争いのライバルである暫定ポールポジションのエクトル・ファウベルとのトップグリップ争いに競り勝ち、第12戦チェコGP以来となるシーズン5度目のポールポジションを獲得した。

3番手には、地元出身のセルジオ・ガデアが入り、地元チームのバンカハ・アスパルが上位を独占。ルーカス・ペセックがシーズン8度目の1列目を獲得した。

2列目にはパブロ・ニエト、ニコラス・テロール、マティア・パシーニ、シモーネ・コルシが並び、ポル・エスパルガロ、サンドロ・コレテーセがトップ10入りした。

暫定14位の小山知良は、リアのグリップ不足が影響して15位。明日の決勝レースには4列目からランク3位を目指せば、ワイルドカードの中上貴晶は初日から0.862秒伸ばして、自己ベストを更新。20番グリッドからデビュー戦を迎える。

Tags:
125cc, 2007, GRAN PREMIO bwin.com DE LA COMUNITAT VALENCIANA, QP2

Other updates you may be interested in ›