初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

L.カピロッシ、新しい時代へ

L.カピロッシ、新しい時代へ

ロリス・カピロッシは、最終戦バレンシアGPで、ドゥカティのMotoGPプロジェクトに終止符を打ち、6日から新しい挑戦を臨む。

ロリス・カピロッシは、最終戦バレンシアGPで、ドゥカティのMotoGPプロジェクトに終止符を打ち、6日から新しい挑戦を臨む。

イタリアンファクトリーがプロジェクトを立ち上げた当初からデスモセディチを走らせてきた34歳のイタリア人ライダーは、ラストランでクリス・バーミューレンとの5位争いに競り勝ち、5年間所属したドゥカティ・マールボロのスタッフたちが待つピットボックスに帰還した。

「ドゥカティのピットボックスに戻ってきた時には感動した。チャオと別れを言うのはいつも難しい。彼らと一緒にすごくいい時期を過ごしたし、今年は1勝して、3度表彰台を獲得したけど、困難だった。僕をサポートしてくれたチームのみんなに、ドゥカティのみんなに、ドゥカティスタに感謝したい。今シーズンが終わり、今は未来を見る時だ」とレース後に心境を語った。

バレンシアの合同テストでは、ジョン・ホプキンスが今シーズン使用したGSV‐Rをテストする。

「5年間ドゥカティに所属した後、いい時期に僕は新天地に行く。スズキのスタッフと話しを重ね、チームを移籍するには理想的な時期だと確信した。新しいバイクに早く乗りたい。初テストは僕にとって、チームにとっても重要だ。バイクは既に戦闘力があるようだ。今年までに3度のテストが控えている。」

「新しいパッケージを手に入れるアイディアにモチベーションが高まっている。スズキに加わることが嬉しい。18年間参戦してきて、あまりシーズンが残されていないことを自覚しているから、タイトル争いのため、110%で来シーズンに臨めるために、準備を整えるつもりだ。」

Tags:
MotoGP, 2007, GRAN PREMIO bwin.com DE LA COMUNITAT VALENCIANA, Loris Capirossi

Other updates you may be interested in ›