初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

中野真矢、新天地に濃紺のツナギで登場

中野真矢、新天地に濃紺のツナギで登場

中野真矢、新天地に濃紺のツナギで登場

ホンダ・グレシーニは6日、バレンシア合同テストに参加。中野真矢が、新チームから2008年シーズンに向けて始動した。

コニカミノルタ・ホンダからホンダ・グレシーニに移籍。濃紺のツナギで登場すると、2年連続のホンダRC212Vと1年ぶりに履くブリヂストンのパッケージで46ラップを走行。決勝レース中のベストラップ(1分34秒137)を上回る1分33秒901を記録した。

「緊張しました。チームのみんなが僕に自信を取り戻せるように動いてくれました。タイヤは1年ぶり。手探りの状態で始まりましたが、ブリヂストンは、ライダーに情報と自信を与えてくれるタイヤだと改めて感じました。リアのグリップ感が良いです。レースのタイムより出たので、初日としては良かったです」と初セッションを振り返った。

「焦る気持ちを抑え、1月のマレーシアとオーストラリアから100%に持って行きたいです。そのためにも、メカニックたちとコミュニケーションを取り、チームを理解しないと。」

「いい感触があれば行けると思っていました。同じようなタイムでも、今まではいっぱいいっぱいでした。最初としては、いいテストが出来ました。」

テスト初日:1分33秒901
最終戦バレンシアGP
フリー走行1:1分34秒577
フリー走行2:1分34秒352
フリー走行3:1分34秒258
公式予選:1分32秒730
決勝レース:1分34秒137

Tags:
MotoGP, 2007

Other updates you may be interested in ›