初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

セパン合同テスト開始

セパン合同テスト開始

MotoGPのセパン合同テストは15日、マレーシアのセパンサーキットでスタートした。

MotoGPのセパン合同テストは15日、マレーシアのセパンサーキットでスタートした。

気温32度。湿度70%のドライコンディションの中、レプソル・ホンダ、ホンダLCR、JiR・チーム・スコット、フィアット・ヤマハ、ヤマハ・テック3、リズラ・スズキ、カワサキ・レーシングの7チームと10人が参加した。

最終戦バレンシアGPで右手を骨折したバレンティーノ・ロッシは、テストをキャンセルすれば、現スーパーバイク世界選手権王者のジェームズ・トースランドがデビュー。テック3のチームメイトとなるコーリン・エドワーズと9年ぶりにピットボックスを共有し、ミシュランタイヤを装着したMotoGPマシンを初ライド。フロントから切り込んで転倒を喫したが、直ぐに立ち上がり、テストを継続した。テストライダーの吉川和多留と藤原儀彦が、レギュラーチームに合流して、2008年型シャーシのテストに取り組んだ。

トップタイムをマークしたのは、ランディ・ド・プニエ。カワサキZX‐RR&ブリヂストンからホンダRC212V&ミシュランに乗り換えたが、10月のマレーシアGP初日に続く、快走を見せた。

デ・プニエ同様に転倒を喫したニッキー・ヘイデンだったが、大事には至らず、バレンシア合同テストに続いて、新型RC212Vをテスト。ダニ・ペドロサは、次回のヘレス合同テストに参加する。

16時30分頃に雨が降ったため、多くのライダーたちがテストを切り上げたが、クリス・バーミューレンとアンソニー・ウエストの2人がウェットコンディションで走行を続けた。

セパン合同テスト初日
1.R.ドプニエ:2分03秒033(45ラップ)
2.C.バーミューレン:2分03秒357(50ラップ)
3.C.エドワーズ:2分03秒406(29ラップ)
4.A.ドビツィオーソ:2分03秒607(22ラップ)
5.L.カピロッシ:2分03秒748(29ラップ)
6.A.ウエスト:2分04秒068(40ラップ)
7.N.ヘイデン:2分04秒164(56ラップ)
8.J.ホプキンス:2分04秒316(18ラップ)
9.J.ロレンソ:2分04秒433(33ラップ)
10.J.トースランド:2分05秒438(29ラップ)

2007年レースベストラップ‐C.ストーナー:2分02秒108
2007年ポールタイム‐D.ペドロサ:2分01秒877

Tags:
MotoGP, 2007

Other updates you may be interested in ›