初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ドゥカティ、イタリア大統領を表敬訪問

ドゥカティ、イタリア大統領を表敬訪問

ドゥカティの代表団は先週、イタリア大統領ジョルジョ・ナポリターノと首相ロマーノ・ブローディを表敬訪問した。

ドゥカティの代表団は先週、イタリア大統領ジョルジョ・ナポリターノと首相ロマーノ・ブローディを表敬訪問した。

ドゥカティ・モーター・ホールディングの代表であるガブリエレ・デル・トルチーオ、プロジェクトリーダーのリビオ・スッポ、2007年王者のケーシー・ストーナーら約40人の代表団は、最終戦バレンシアGPの際に使用したトリコロールバージョンのデスモセディチGP7と共に、ローマ市内の大統領官邸を訪問。2007年シーズンの3冠達成を報告した。

デル・トルチーオは、「ジョルジョ・ナポリターノ大統領とロマーノ・ブローディ首相が我々の訪問を受け入れてくれたことに、大変感動し、光栄に思います。クイリナーレ宮殿を訪問することは、我々の会社、我々のライダー、ケーシー・ストーナーの業績に対するビックなプレミアムです」と説明した。

大統領にタイトル獲得記念Tシャツをプレゼントしたストーナーは、「この国と僕は深い関係があるから、イタリア共和国大統領とお会いできたことは名誉です。僕のチームはイタリアン。ドゥカティは成績を挙げられるように僕を信頼してくれた。世界を制覇することは、僕の夢だった。それが現実となった」と、ドゥカティに所属する喜びを語った。

Tags:
MotoGP, 2007, Casey Stoner

Other updates you may be interested in ›